お客様の声

■自社の社員で梱包を伴う出荷作業を行っていたが、作業時間が長く出荷ミス・棚卸誤差が多く、何とかしたかった。
解決策…
管理者、責任者クラスは社員を配置し、ピッキング等の作業はパート従業員を配置し、コストダウンを図った。また、交代勤務を採用し、1人当たりの残業時間の削減を実施した。結果として、従業員の負担の軽減が図られ出荷ミス・棚卸誤差も大幅に減少した。
■作業量の増減幅が大きく、繁忙期には残業時間が多くなり、閑散期には社員を休業させていたが、結果として社員の定着率が下がっていった。
解決策…
パート従業員で作業量の増減を補い作業量に伴う適正人員で作業を行うことにより人件費を大幅に下げる事が出来た。また、社員は必要最低限の人員にすることにより作業量の増減に関係なくフル出勤が可能となり、定着率の問題は解決した。
今まで外部の人から作業方法の改善等を聞く機会がなく、従業員も本当に効率が良い作業を行っているのかわからなかった。
解決策…
経験豊富な弊社スタッフが他社で行ってきた改善策を実施し棚等のレイアウト変更を行い、作業員が動く導線も作業効率を上げる為、大幅な変更を行った。
結果として、効率面のみならず安全面が強化された。
■今まで派遣・業務委託など外部に依頼した事が無く、特に派遣法などの専門知識がないので導入を迷っている。
解決策・・・
派遣法、偽装請負など社会問題となっている昨今、適正な方法により運営をしなければなりません。しかし、派遣法は派遣期間や派遣出来る職種など細かく決まっています。
専門知識を有する派遣元責任者が適正に判断し、お客様と十分に打ち合わせを行ってからご契約させて頂きます。また、派遣法の改正に伴う変更事項についてもお客様に通知を致し、不備が起こらない様努めてまいります。
労働基準法や派遣法などコンプライアンスの観点から不安やご質問にお答えしていきます。