導入事例

こんな時にお問い合わせください

■食品物流会社A社様
大手食品事業を手掛ける企業より物流部門のアウトソーシングの受注を受け、倉庫内におけるリフト作業、入庫、検品、賞味期限チェック、棚卸、出荷まで一貫して管理。
バーコードで読み取り出来ない商品の為、いくつもの検品作業によってミスの撲滅に努めています。
業務委託をする事で、A社様のコスト削減、棚卸差異の撲滅、リフトを含む作業事故の減少につながり、以前よりも効率良く出来る作業環境が整うようになった。
■生活品製造工場B社様
大手生活必需品を製造する工場での現場作業員及び新製品、キャンペーン品などの販売促進品の袋詰め作業を期間内に大量に完成させる作業を委託される。
特に納期が決まっている作業となるので、マンパワーによる「現場力」が求められます。
フレキシブルな人員の運用など独自のノウハウを駆使し、レベルの高い作業を実現しています。
結果としてコスト削減につながる事になった。
■化学工場C社様
大手化学工場での業務委託に対し、C社様では三交代勤務、ローテーション勤務という事で自社採用に苦慮しており、人材の確保と特定の部署でのアウトソーシングに踏み切った。
アウトソーシングにする事で人員補充の手間、時間から開放され、生産計画に集中できるようになった。
■航空貨物物流倉庫D社様
誤配送・誤出荷があってはならない海外輸出貨物。
事務員による端末入力、伝票出し業務。
商品にピッキングから梱包リフト作業まで一貫して委託されています。
天候や自然災害、機体不良等による欠航、遅延にも柔軟に対応しお客様のニーズに日々お応え出来るように、様々な提案を行っています。

上記の導入事例は一部です。
当社では、コンプライアンスを遵守し、出荷波動に対応する為のフレキシブルな人員体制、組織的な管理体制を構築し、日々努力を重ねております。
業務請負(アウトソーシング)と派遣の両方を行う事によりお客様のニーズに合わせさまざまなご提案をさせて頂いています。
たとえば、最初は派遣から始めてその後業務請負に変更されるお客様もいらっしゃいます。
今まで自社採用だけで業務を行っている会社様も、人件費を含むコスト削減、効率化、作業事故の減少など今よりも改善を望んでいらっしゃるのでしたらぜひ一度ご依頼下さい。
当社では、グループ会社に運送会社を持っており、運送に関わるご提案や貨物保険を始としたトータルシステム構築のご提案も合わせて行う事が出来ます。御社にとって最適な提案をさせて頂きます。

提案例

1.人員の適正化
人員配置表の作成により物量の変動、作業の進捗に合わせた人員配置に調整します。
2.保管ロケーションの見直し
棚番地の導入や商品分類を明確化し、出荷頻度によりランクづけを行いレイアウトを作成します。
3.保管方法の再検討
ラック、棚、パレット積みなど効率的な保管方法を検討します。
4.作業の標準化
誰が作業しても間違えが起こらない様に基本ルールを作成します。
5.多能な人材の育成
1人が複数の仕事を覚える事により突発的なリスクを回避し、安定した業務が行える様になります。
6.精度の向上
検品等の制度を向上させ、誤出荷等を防ぎます。
7.管理指標の導入
作業の生産性と品質を管理、また職場の整理整頓の徹底により作業効率のアップと品質向上、安全対策をトータルで実現出来るようになります。
8.3PLを始とするロジスティクス全般の提案
9.工場のライン及び部署単位の管理
10.倉庫・工場で使用する機器類の調達から提案

※3PL――Third Party Logistics

戦略的な企業の活動基盤として位置づけられるロジスティクス機能の一括アウトソーシングサービス。
3PLとは、物流における「Third Party」つまり「荷主でもない、運輸業者でもない第三者的な事業主体」を活用した、荷主企業の「ロジスティクス機能」一括アウトソーシングサービスのことです。
荷主企業の「運輸・管理機能」を専門の運輸業者に外部委託するという従来の物流アウトソーシングサービスから、さらに一歩進んだサービスといえます。